加熱冷却プレス成形機(上段加熱、下段冷却) | 油圧プレス機の株式会社岩城工業

お電話での
お問い合わせはこちら
0120-779-043
languageJPN

製品案内

加熱冷却プレス成形機(上段加熱、下段冷却)

樹脂プレス成形機熱プレス機特殊プレス成形機

熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂の両方のテスト、生産を可能とした油圧プレス成形機です。

【特徴】
1.2段式となっており、上段ではMAX300℃の熱盤
下段では、冷却水を循環させた冷却盤となっているため
多種多様な材料の評価テストに適しております。

2.テスト機の場合は、データーロガー、ロギング機能(PC、USB、SDカード記録)等コストに合わせたデーター収集を弊社より提案、データー作成を行っております。

製作品(用途)特殊樹脂(上段加熱、下段冷却)
出力IPM-W-37(37ton)
ストローク250㎜
デーライト100㎜x2
盤面寸法300㎜ × 300㎜
有効金型寸法300 ㎜× 300㎜
金型最大厚み0 〜 90㎜
ラム径φ150㎜
最高使用圧力16MPa
プレス動作速度5-60㎜/s
ヒーター温度200℃
金型分解機2枚(プレス内)
油圧モーター容量3.7KW
ヒーター容量4 KW× 2
操作手動/自動
機械設置寸法(横x縦x奥行)約1100㎜x1600㎜x1260㎜